本剤の環境への影響は?

通常の使用では、生態への毒性、水性環境への有害性、残留性と分解性、生物蓄積性、土壌中の移動性の情報はありません。
本剤は対象物の土壌に対する添加量を0.04%(重量)程度とし、環境負荷を極限まで低減することができました。

前の記事

本剤の人体への影響は?

次の記事

本剤のその他の情報は?